一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ BIG8

第7節みどころ1部リーグBIG82016年12月3日(土)・4日(日)

  • BIG8 第7節東京学芸大学-国士舘大学12月3日(土) 富士通スタジアム川崎 10:45キックオフ
    【東京学芸大学】『Beat RHINOCEROS!!』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     1PLAYに集中し、ALL SNAILSで勝利を目指します。2016 SNAILSのチームスローガンである「Beast!!」を必ず体現します。
    ≪注目選手≫
     4年 RB#28 山中大輔(栃木県立宇都宮)・・・パワー・スピード・テクニックを兼ね備えたVersatile Back。最終節、主将としての真価が問われる。

    【国士舘大学】『ALL RHINOS』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     チャレンジマッチ出場の可能性はなくなったが、チームに何が足りないのかを全員がよく考えた。学芸大戦はその答えを出すゲームである。今季のラストゲームは、チームの力を余すことなく全力でのぞむ。そして全員の力で勝利する。
    ≪注目選手≫
     3年 WR#3 五百蔵将洋(昭和第一学園)・・・スピードとクイックネスでフィールドを切り裂くプレイヤー。シュアハンドとともにランアフターキャッチでもゲインを見せるアスリート。
     3年 LB #41飯田健吾(東京)・・・プレーリードとスピードに優れたハードヒッター。岩永とともにディフェンスを牽引する国士舘ディフェンスのハート&ソウル。
  • BIG8 第7節駒澤大学-横浜国立大学12月3日(土) 富士通スタジアム川崎 13:30キックオフ
    【駒澤大学】 『決戦勝利』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     今年の横国大戦は勝てばチャレンジマッチ決定の決戦。主将青島のリーダーシップで前を向く青い獅子たちがリーグ戦最終節を制す。
    ≪注目選手≫
     4年 DB#23 川村健人(明治学院)/ 4年 LB#41 小川太一(花咲徳栄)・・・素早いプレーリード、鋭いタックルで相手を圧倒する駒澤ディフェンスの名コンビ。

    【横浜国立大学】 『出し切って勝つ』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     駒澤大とは、過去2年対戦するも敗戦しており、何としてでも雪辱を果たしたい相手である。その悔しさを、勝ちたいという気持ちを、プレーに、立ち振る舞いに、全面にぶつける。これまでの連勝に甘んじることなく、堅実に練習してきた成果と、ともに戦う仲間を信じて最終節に挑む。そして、チャレンジマッチという「更なる高み」に挑戦するためのチャンスを必ず掴み取る。
    ≪注目選手≫
     3年 WR#26 柘植貴大(長野県立上田)・・・妥協を許さずゆるぎない向上心を持って練習に取り組む、その姿勢がチームに活気をもたらす。安定したパスキャッチでオフェンスの流れを作る。
     4年 DL#25 原岡良樹(ポープ・ハイ・スクール(アメリカ))・・・強靭な心を武器に、毎節好プレーを連発する我らが主将。ディフェンスの最前線から「更なる高み」へとチームを導く。
  • BIG8 第7節拓殖大学-東京大学12月4日(日) アミノバイタルフィールド 10:45キックオフ
    【拓殖大学】 『Finish it!』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     リーグ最終戦、4年生を中心にチームの熱い気持ちをひとつにして、1プレイ1プレイを重ねていく。全力をあげて最後まで諦めずにやり切って一勝を掴み取る。
    ≪注目選手≫
     3年 OL#71 新井洋由(狭山ヶ丘)・・・若手OL陣の大黒柱。ランパスともに確実なブロックで相手を圧倒。彼の後ろをどれだけRBが走れるかに期待。

    【東京大学】 『Fight Hard』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     もう一段階チーム力を高めて、納得のいくゲーム運びで勝利を飾りたい。
    ≪注目選手≫
     3年 LB#44 勝浩介(東海)・・・堅実な東大Defenseの要。ハードタックルで相手キャリアを圧倒する。
  • BIG8 第7節専修大学-帝京大学12月4日(日) アミノバイタルフィールド 16:30キックオフ
    【専修大学】『圧勝』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     前回の拓殖大戦では、初の勝利を収めた。今回の帝京大戦でも、チームの一致団結された雰囲気がさらに感じられるだろう。そして、入れ替え戦を含めあと2戦も、勢いに乗り必ず勝利する。
    ≪注目選手≫
     4年 OL#72 越智文太(日大三)・・・安定したスナップと絶大なる信頼感でオフェンス陣を引っ張っていく。

    【帝京大学】『諦めない姿を』
    ≪試合のみどころと最終節への意気込み≫
     前節で入れ替え戦が決定した。しかし、少しでも上の順位に行くため最後まで諦めず、勝って入れ替え戦に挑みたい。
    ≪注目選手≫
     4年 LB#4 手塚輝(神奈川県立横浜栄)・・・今年の主将を務め、ポジションだけでなくチーム全体を牽引してきた。何事にもストイックな姿勢でチーム全体の士気を高め、異彩を放つ活躍に期待。