一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ BIG8

第3節みどころ1部リーグBIG82017年10月7日(土)・8日(日) ※各試合の開始時間にご注意ください。

  • BIG8 第3節東京大学-一橋大学10月7日(土) アミノバイタルフィールド 13:30キックオフ
    【東京大学】 『完勝』
     開幕を二連勝で飾った東大だが、二戦とも満足のいく内容ではなかった。今年初の国立大ダービーに完勝し、TOP8へ足を止めずに駆け昇りたい。
    ≪新人紹介≫
     DL 大木海人(麻布)・・・東京大ディフェンスに彗星の如く現れた、破壊力自慢のDL。まだまだ荒削りだが、上級生にも引けをとらないスピードとパワーでロスをズタズタにする。
    ≪注目選手≫
     3年 LB#47 大谷有希(駒場東邦)・・・ 第一週のプレーヤーオブザウィークを受賞した、東京大の誇る万能LB。パスラッシュ、パスカバー、ランストップ、全てのプレーで一橋オフェンスを封じ込め、廣瀬雄一との師弟対決を制して二度目のPOTW受賞を狙う。

    【一橋大学】 『必勝』
     第一戦、二戦共に失点を許しているが、弱点を徹底的に見直し改善することで東京大戦では「Dで勝つ」を体現したい。
    ≪新人紹介≫
     LB#35 安藤寛人(浅野学園)・・・経験者かつ冷静沈着な性格でLBが適職な安藤。吸収力も高く、日々の練習で着実に成長を遂げている。試合でもその成果を発揮しモメンタムを引き寄せて欲しい。
    ≪注目選手≫
     3年 DL#51 黒野徳朗(東京農第一)・・・国士舘戦でのQBSackが目立った。彼の持ち味である気迫のこもったパシュート、ラッシュに期待。
  • BIG8 第3節駒澤大学-桜美林大学10月7日(土) アミノバイタルフィールド 16:30キックオフ
    【駒澤大学】 『獅子奮迅』
     桜美林戦の勝敗がブルータイドのTOP8昇格のために大きな一戦であることは確実である。未だ無敗の駒澤大は今節で三戦連続白星を目指す。
    ≪新人紹介≫
     OL #57 市川司韻(佼成学園)・・・高校からの持ち前の実力で第2節でもオフェンスガードとしてブルータイドの即戦力となった。ますます伸びる活躍に期待!
    ≪注目選手≫
     4年 LB#7 岩下将大(鹿児島実業)・・・駒澤大ディフェンスには欠かせないエースラインバッカー。厳しいところでも冷静に判断し破壊的なプレーをみせる。

    【桜美林大学】 『フィジカル』
     対駒澤大戦はフィジカルが鍵となる試合になる。TNCは本年春のシーズンインからフィジカル強化にこだわってきた。同じく日々の練習でもこだわってきたファンダメンタルとともに駒澤大に立ち向かっていきます。
    ≪新人紹介≫
     DL#99 河原田右京(東海大高輪台)・・・ディフェンスライン随一の長身と長い腕、またスピードと強いヒットで相手のオフェンスを威嚇。1年生らしからぬ堂々とした佇まいでルーキーながら注目の選手。
    ≪注目選手≫
     4年 RB#20清水功亮(日体荏原)・・・オフェンスリーダーでエースRB。フィールドを引き裂く力強いプレーで相手ディフェンスを置き去りにする。熱いプレーでブレない体こそTNCオフェンスの要。
  • BIG8 第3節横浜国立大学-東京学芸大学10月8日(日) アミノバイタルフィールド 14:15キックオフ
    【横浜国立大学】 『HARD DRIVE, HARD TACKLE』
     前節は僅差で勝つことができたが、ショートヤードを取りきれなかったり、タックルが甘くゲインを簡単に許してしまったりと多くの課題が残った。これまで出た課題を徹底的に潰し、洗練されたプレーで学芸大に挑む。
    ≪新人紹介≫
     1年 OL#67 大川宗一郎(江戸川学園取手)・・・1年生にして体重は100kgを越え、春からOLの一員として試合で活躍している。今後の成長にも期待大。
    ≪注目選手≫
     4年 DB#14 正村圭太(長野県立上田)・・・横国の元気印。その持ち前の明るさと、勇猛なプレーでチームを牽引する。学芸大戦でも相手に食らいつくような鋭いタックルで、キャリアーを確実に仕留める。

    【東京学芸大学】 『Thoroughness』
     開幕から2戦2敗。3戦目にしてすでに後がない状況で、根性が試される闘いになる。ここまでの2敗で得られた教訓とフェアプレー精神を糧に、覚悟を持ってタフに闘い抜きます。
    ≪新人紹介≫
     1年 RB 森田孝太郎(東京学芸大学附属高校)・・・怖いもの知らずの精神力と低重心を活かして、タックルブレイクを連発するFRESH MAN随一のタフガイ。
    ≪注目選手≫
     3年 DL#10 松崎淳平(桐朋)・・・やる気になった時にだけLOSを破壊する、マイペースさと圧倒的なパワーが武器。フィールド外での可愛らしい風柄にもご注目ください。
  • BIG8 第3節国士舘大学-東海大学10月8日(日) アミノバイタルフィールド 17:00キックオフ
    【国士舘大学】 『全力で戦う』
     開幕2連勝と良いスタートを切ったが、ゲーム内容としては、なんとなく相手に合わせるようなところが見受けられ、不満を感じるものであった。第3節では、自分たちのペースでプレーできるよう、強い気持ちを持って臨み、必ず勝利する。
    ≪新人紹介≫
     OL 須崎航平(江戸川取手)・・・プレーの理解度が高く、春季から全ゲームでスタート出場しているOLのホープ。一生懸命に取り組む姿勢は手本とも言える。
    ≪注目選手≫
     3年 OL#73 西島寿哉(知徳)・・・1年生時から不動のセンターとして活躍。安定したスナップとパワフルなブロックは、まさにセンタープレイヤーに相応しいと言える。リーダーシップも出て来て、さらなる成長が見込まれる選手。

    【東海大学】 『繋げる』
     前節は「個」の力をひとつひとつ繋げて「全員」で戦っていく事がいかに重要であるかを学んだ試合であった。
    次節の対戦校である国士舘とは2年前の入れ替え戦以降の戦いとなるが、東海大のプライドを持って一昨年の屈辱を晴らす。
    ≪新人紹介≫
     1年 LB#43 大平航也(神奈川県立横浜南陵)・・・ルーキーながら1本目に定着した期待のラインバッカ―。チームの為に自分自身ができる努力は欠かさず行う仕事人。彼のひたむきさは守備の質を高めていく。
    ≪注目選手≫
     2年 DB#17 京増亮太(東海大高輪台)・・・今季WRからDBにコンバート、経験は浅いもののフィールドでは早くも才能を発揮。WR時代に培った野生の勘でインターセプトを狙う。