一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ BIG8

第1節みどころ1部リーグBIG82018年9月7日(金)・8日(土)・9日(日)

  • BIG8 第1節国士舘大学-駒澤大学9月7日(金) 日本体育大学深沢グラウンド(入場無料) 18:00キックオフ
    【国士舘大学】 『貫徹』
     今季はウィークデイで大学グラウンドでの開幕となり、多少の戸惑いもあるが、チームの信念は全く揺るがない。春先から厳しいトレーニングを重ねて培ったスピードとスタミナのもと、最初から最後まで全力でプレーして挑戦者としてのスタイルを貫く。
    《注目選手》
     3年 DL#99 高橋巧(前橋育英)・・・チーム随一のパワーにスピードを兼ね備える高校野球出身のアスリート。その伸びシロは計り知れない。

    【駒澤大学】 『気迫』
     夏練で築かれた駒澤の勢いと熱は誰にも止められない。今年の駒澤は一味、いや二味違う。初戦の国士舘戦でシーズンの行方が決まると言って過言ではない。BLUE TIDE選手、スタッフ、サポーター全員でTOP8昇格を勝ち取る。
    《注目選手》
     2年 LB#41 松原圭祐(神奈川県立岸根)・・・LBの期待の星。2年生とは思えない抜群のフットボールセンスを持ち、LB最強のパワーとスピードを武器とし、国士舘のランに素早いリアクションで1ydも譲らない。
  • BIG8 第1節東京大学-東海大学9月8日(土) アミノバイタルフィールド 15:30キックオフ
    【東京大学】 『Overpower』
     昨年からのスターターが多く残る両校だが、スタートからフィニッシュまで、ファンダメンタル・フィジカル・メンタルといったあらゆる面で東海大学をOverpowerして初戦を勝利で飾り、今後のリーグ戦に勢いをつけたい。
    《注目選手》
     4年 DL#90 岡田海人(開成)・・・インターセプトに夢を馳せつつも、インサイドの番人としてLOSをボコボコにする。

    【東海大学】『逆襲』
     TOP8を目指す初戦の相手は昨年逆転に及ばず敗戦した東京大。今年は“一戦必勝”のチームスローガンのもと1つの勝負にこだわり全員が本気になり“全員で戦う”チーム作りを行い、東京大に勝利する事だけを考え今日までの日々を過ごしてきた。初戦に勝利し東海大らしい良い流れを作り出し次戦以降へ繋げていく。
    《注目選手》
     4年 OL#57 池田智也(埼玉栄)・・・チームは彼のスナップから攻撃が始まり堅実な攻撃かつチャンスで確実にスコアしていくオフェンスを彼が創り上げてきた。積み重ねた努力とフィールド内での冷静さでオフェンスを取りまとめる不動のセンター。
  • BIG8 第1節横浜国立大学-東京学芸大学9月8日(土) アミノバイタルフィールド 18:15キックオフ
    【横浜国立大学】 『質実剛健』
     『Beyond The Past -徹底-』を掲げた今年、我々は変わった。一流のフットボーラーになるべく、正しき倫理観・揺らがぬ道徳心を追い続けた。汗と泥にまみれて土を這った鍛錬の日々。2年連続で挫かれたTOP8への挑戦。熱い想いを内に秘め、我々は初戦に臨む。マスティフスの誇りにかけて、真っ向から勝負する。
    ≪注目選手≫
     4年 OL#77 岩淵知将(サレジオ学院)・・・最上級生としての自覚から、今年大きく殻を破った。冷静沈着にして豪胆な男の、力強いブロックに注目。

    【東京学芸大学】 『INNOVATION』
     2018年シーズンは戦略目標「INNOVATION」達成に向けて闘います。一人ひとりが小さな変化を毎日積み重ね、組織で勝てるチームを必ず創り出します。
    ≪注目選手≫
     3年 OL#79 藤井基弘(山口県立山口)・・・主将としてチームを牽引するSNAILSの大黒柱。闘争心を全面に出したプレースタイルでLOSからゲームを支配します。
  • BIG8 第1節桜美林大学-専修大学9月9日(日) アミノバイタルフィールド 18:00キックオフ
    【桜美林大学】 『WIN』
     2018年度のTNCはリーグ戦全勝しTOP8を目標の下、試合に臨む。シーズン初戦となる専修大戦はプレーで相手を圧倒し、勝利への道を切り拓く。
    《注目選手》
     4年 DL#96 根本聖大(神奈川県立白山)・・・ユーモア溢れるキャラクターと気持ちのこもったプレーはキャプテンとしてチームを鼓舞する。TNC切ってのフィジカルの強さと、LOSを縦に割る力に注目。

    【専修大学】 『復活』
     昨年2部から1部に這い上がり、オフェンス・ディフェンスともに勢いのあるシーズン初戦。復活したGREEN MACHINEを是非、会場でご覧ください!
    《注目選手》
     3年 WR#15 山内優太 (埼玉栄)・・・1年時から試合に出場し、今期は肉体改造に成功。今まで以上に力強いプレーでTDを量産してくれるだろう。






    ※LOS=ライン・オブ・スクリメージ