一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ BIG8

第2節みどころ1部リーグBIG82019年9月21日(土)、22日(日)

  • BIG8 第2節日本大学ー神奈川大学9月21日(土) 富士通スタジアム川崎 17:00キックオフ
    【日本大学】『枕戈待旦(ちんかたいたん)』
    常に勝負の時を見据えて練習に取り組んできた一年間。今年の日本大は一味違うというところを他大学、観客の方々に見せることが出来るのか。U-19、WUC代表経験者ばかりが揃っているスター集団DLユニットにご注目あれ!
    ≪主将からの一言≫
    4年 OL#52 贄田時矢(日大鶴ヶ丘)・・・開幕戦を良い形でスタートすることができましたが、シーズン全勝を目指すチームとしてこれからも慢心せずに確実に勝利を積み上げていきたいと思います。これからも皆様のご声援を宜しくお願い致します。
    ≪注目選手≫
    3年 DL#93 伊東慧太(日大豊山)・・・U-19代表経験者。1年生時の甲子園ボウルにてQBサックを決めた、まさに主力の本気を見て頂きたい。


    【神奈川大学】『タックルボックスの番人』
    アトムズ1のフィジカルを持つ久保田晃也が日本大オフェンスに待ったをかける。真っ向からのフィジカル勝負は目が離せない。神奈川ディフェンスの特攻隊長久保田晃也のプレーに注目せよ。
    ≪主将からの一言≫
    4年 WR#11 坂本アントニーマウネディ(神奈川県立横浜立野)・・・チャレンジャーとして全力でやるのみです。ご声援よろしくお願いします。
    ≪注目選手≫
    4年 DL#99 久保田晃也(神奈川県立上鶴間)・・・三度の飯よりウェイトがモットー。OL泣かせのラッシュでゲインを許さない。
  • BIG8 第2節東海大学ー駒澤大学9月21日(土) 駒沢第二球技場 13:30キックオフ
    【東海大学】『総合力で挑む』
    前節、近年勝ち切れていない初戦で勝利を収められたがリーグ戦はまだ始まったばかり。今節は毎年接戦を繰り広げている駒澤大相手に私達が日頃から意識しているODKの総合力でモメンタムを掴めるかが鍵である。チームには絶対的なスターがいるわけではないからこそ、全員が決められた役割を徹底し総合力で挑む。
    《主将からの一言》
    4年 OL#52 村上健吾(東海大甲府)・・・TRITONSらしい泥臭く粘り強いフットボールに期待して下さい。
    《注目選手》
    4年 DL#93 西川章麻(神奈川県立横浜立野)・・・フィジカル、テクニック、メンタル理解度、経験値においてチームトップクラスの彼の熱い闘志を是非会場で目の当たりにして欲しい。


    【駒澤大学】『勇往邁進(ゆうおうまいしん)』
    第1節では敗戦に終わってしまいましたが、第2節では勝利を掴み取るため、チャレンジャー精神で日々の練習に取り組んでいます。第1節で出てきた課題に対して真摯に向き合い第2節では全力が出せるよう頑張ります。
    《主将からの一言》
    4年 DL#91 八鍬智也(駒大高)・・・常にChallengerマインドを持ち、泥臭く勝利を掴み取る。
    《注目選手》
    2年 WR#16 小川瑠伊 (国士舘)・・・誰よりも努力してきた彼のキックには、誰もが魅了されます。ぜひ、注目してご覧下さい。
  • BIG8 第2節横浜国立大学ー国士館大学9月22日(日) 富士通スタジアム川崎 13:45キックオフ
    【横浜国立大学】 『Valiant Efforts』
    初戦にして大きな山場であった前節では、白星を挙げることができた。しかし、反省点や課題も多く、決して満足のいく試合ではなかった。そんな我々の前には早くも次なる山が立ちはだかる。チーム全員が自らにできる最大貢献を尽くし、勇猛に立ち向かう。
    《主将からの一言》
    4年 DL#95 相田道彦(世田谷学園)・・・初戦の結果に満足することなく、オフェンス、ディフェンス、キックのすべてにおいて全員が100%やりきることにより総合力で相手を圧倒したい。
    《注目選手》
    4年 DL#5 鳥羽朋樹(桐光学園)・・・4年生としての自覚を持ち、昨年度から大きく成長したパートチーフ。持ち前のプレー理解度の高さで瞬時に状況を見極め、相手を仕留める。


    【国士舘大学】 『一戦必勝』
    前節の東海大戦は、準備やコンディション調整に課題が残ったゲームであった。今節はしっかり準備をして、コンディションを整え、高いメンタリティを発揮してのぞむ。そして必ず勝利する。
    《主将からの一言》
    DL#99 高橋巧(前橋育英)・・・試合開始と共に主導権を握れるように、1プレー目からOD共に攻めの姿勢で臨みたい。
    《注目選手》
    4年 LB#5 鈴木りゅう(敬愛学園)・・・高いクイックネスと確実なタックリングを魅せるLB。ピンチの時にはビッグプレーでチームを救うリーダー。
  • BIG8 第2節桜美林大学-青山学院大学9月22日(日)富士通スタジアム川崎 16:30キックオフ
    【桜美林大学】『覚悟』
    選手・スタッフ一丸となり、自分のチームを変える覚悟を決め、1プレイ1プレイ全ての
    力を出し切ることにこだわり、勝利への道を切り拓く。
    《主将からの一言》
    4年 WR#3 リュウジ・マイケル・バンデューゼン (Zama American High School)・・・TOP8にふさわしいチームとなるため、フットボール中はもちろん普段の行動からチームのために何ができるかを考え、全員が戦力となるよう努めます。ご声援のほどよろしくお願い致します。
    《注目選手》
    4年 OL#53 西田雄大(横浜)・・・冷静な判断の下繰り出される力強いブロックと、熱いプレーはチームを鼓舞する。


    【青山学院大学】『成長』
    初戦、青学大は日本大に大敗した。夏の初めから日本大に照準を合わせて練習をしていたため、その挫折は大きいものだった。しかし、課題も多く見つかりチームが変わるきっかけとなった。一回り成長した青学大を見て欲しい。
    《主将からの一言》
    4年 OL#77 小林頌宜(海陽中等教育)・・・前節は悔しい敗戦であったが、そこから得られたものは人一倍多かったと感じる。今節のポイントは、前節の敗戦で浮き彫りになった課題を、どこまで改善する事ができたか。この試合の勝敗によってチームの目標設定が変化する為、勝ちにこだわりたい。
    《注目選手》
    2年 LB#33 高橋優太(桐蔭学園中等教育)・・・卓越されたアメフト的センス、彼にしかできない身のこなしとプレー中の思考力が生み出すbigプレーに注目。