一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ BIG8

第3節みどころ1部リーグBIG82019年10月5日(土)、6日(日)

  • BIG8第3節東海大学-神奈川大学10月5日(土) 駒沢第二球技場 10:45キックオフ
    【東海大学】『TOUGH』
    第3節の相手は神大。大きな勢いと強さを持つ彼らに勝利する為には、私たちは最後まで“tough”に戦い抜かなければならない。試合前のアップから審判の笛が鳴り終わるまで、チーム全員で粘り強く戦い続けることが、勝利への鍵となるだろう。
    《新人の紹介》
    1年 OL#51 小野 公平(清風)・・・関西の清風高校から来た彼は、第2節でスターティングメンバーに抜擢。1年生とは思えない堂々としたプレーとひたむきな姿勢で、オフェンスに貢献していく。
    《注目選手》
    2年 LB#7 浅野 樹(東海大高輪台)・・・2年生ながら東海ディフェンスの大きな柱である彼は、決してボールキャリアーを逃さない。敵の攻撃を阻むだけでなく、常にボールを狙う貪欲な姿勢にも注目して欲しい。

    【神奈川大学】『邁進』
    BIG8上位のチームとの戦いを経て、課題が多く見つかり、自分達の強みや弱みが浮き彫りになった。しかし、残りの試合もただ勝ちにこだわって進んでいくのみ。
    《新人の紹介》
    1年 OL#61 寺田 周平(佼成学園)・・・力強いヒットや、粘り強いブロックに注目していただきたい。
    《注目選手》
    2年 DB#3 佐野峯 竜樹(日体荏原)・・・インターセプト数で彼の右に出る者はいない。次節でも彼のインターセプトで流れを持ってきてくれるだろう。
  • BIG8第3節桜美林大学-国士舘大学10月5日(土) 駒沢第二球技場 13:30キックオフ
    【桜美林大学】『Reason』
    今年度のThree Nails Crownsはチームにいる全員が"勝つ理由"となることにこだわっている。フィールドに出てプレーしている選手はもちろん、サイドラインにいる選手・スタッフひとりひとりが勝利のために何が出来るのか考え、行動し、チームの戦力となる。
    《新人の紹介》
    1年 WR#6 豊田 健人(佼成学園)・・・洗練された動きとファンダメンタルは上級生顔負け。球際に強く、どんなボールも我が物にする。
    《注目選手》
    4年 WR #13 橋口 虎乃丞 (日体荏原)・・・駆け引きが上手く一対一となったら負けない。ランアフターキャッチは彼の見せ場である。リターナーとしての活躍にも注目。

    【国士舘大学】『覚醒』
    開幕からの2ゲームは雰囲気も良くなく、相手に流されてしまう展開に終始した。次戦の桜美林も厳しい戦いになると覚悟しているが、我々は全く諦めていない。チームの力を全て出し尽くし覚醒したRHINOCEROSを見せる。
    ≪新人の紹介≫
    1年 OL#75 鈴木 航太(知徳)・・・春季早々からスターターとして活躍しているホープ。1年生とは思えないテクニックを持ちOLの中心として活躍中!
    ≪注目選手≫
    3年 WR#27 竹田 朋生(日体荏原)・・・抜群の身体能力でDBを振り切り、ショートからロングまでパスキャッチを量産するエースレシーバー。パンターとしてもビッグプレーを魅せるアスリート。
  • BIG8第3節横浜国立大学-青山学院大学10月5日(土) 駒沢第二球技場 16:15キックオフ
    【横浜国立大学】『Self-Discipline』
    一つの油断、一人の気の緩みで試合の展開を大きく左右しかねないことを、身を以て実感した前節。自己を今一度見つめ直し、チーム全員で妥協を許さず鍛錬を重ねた。己を制するものが試合を制する。その思いを心に留め、試合に挑む。
    《新人の紹介》
    2年 RB#41 布村 侑飛(福島県立磐城)・・・パワー、アジリティ、スピードの三拍子を兼ね備えた期待の新星。タックルを華麗にかわす、彼の身のこなしにご注目あれ。
    《注目選手》
    4年 OL#51 堂前 新太(石川県立金沢泉丘)・・・天性の明るさでオフェンスを盛り上げるムードメーカー。彼が繰り出すスナップで、全てのプレーが始まる。

    【青山学院大学】『一球入魂』
    2連敗で迎える横国大戦。BIG8残留のためには、絶対に落とせない1戦。全スナップに100%、いや120%の集中力を発揮する。
    《新人の紹介》
    1年 DB#6 杉田雅治(東京都立三田)・・・持ち前のダイナミックさとセンスで、チームを勢い付けるビッグプレーに期待。
    《注目選手》
    2年 WR#86 梅津暁(桐光学園)・・・高身長を活かしたキャッチング力はチームトップレベル。ラグビー仕込みのランアフターキャッチもパワフル全開。ビッグパントにも期待。
  • BIG8第3節日本大学-駒澤大学10月6日(日) 日本大学下高井戸グランド 14:00キックオフ
    【日本大学】『never give up』
    どんな窮地に陥っても諦めずに前を見て練習を積み重ねてきたこのチーム。思い切り練習が出来る喜び、試合が出来る喜び、試合が出来る楽しさを知った選手たちは強い。再びトップを獲る為には踏み止まらず前に進んでいくのみ。この試合、キャプテン率いるOLユニットに焦点を当ててご覧ください。
    《新人の紹介》
    1年 RB#98 安中 天寿(関西大倉)・・・1年生にして鮮烈なデビューを飾った彼のスクリメージラインを上がるスピードにご注目ください。
    《注目選手》
    4年 OL#52 贄田 時矢(日大鶴ケ丘)・・・LB/WRと他ポジションを経験してOLにコンバートした彼のアサイメント力は眼を見張るものがある。

    【駒澤大学】『限界突破』
    2節連続で敗戦に終わってしまった駒大。自分たちに足りなかったものは何かを考え、次節、また今後の試合で勝利を掴み取るため、自分たちの限界を超え、声を掛け合い自分たちを鼓舞しながら練習に挑んでいる彼らのプレーに期待。
    《新人の紹介》
    1年 OL#51 市瀬 虎太朗(駒場学園)・・・しつこく相手をマークし離さない貪欲なプレーが彼の魅力。持ち前の粘り強さで相手をねじ伏せる。
    《注目選手》
    4年 RB#29  割谷 栄大(帝京八王子)・・・前節では、最長58ヤード前進し、タッチダウンを獲得。チームに勢いをつけた彼の走りに今節も注目。