一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

次節の見どころ TOP8

第5節みどころ1部リーグTOP82019年10月26日(土)、27日(日)

  • TOP8第5節中央大学-日本体育大学10月26日(土) AGFフィールド 14:00キックオフ
    【中央大学】『万里一空(ばんりいっくう)』
    昨年同様、拮抗した戦いとなることが予想される。オフェンス、ディフェンスは勿論、キックユニットの精度がゲームの鍵を握る。
    《リーグ戦後半への意気込み》
    第4節を終え1勝3敗(不戦勝を含めると2勝3敗)という結果であるが、TOP8上位の座を奪取する為にも、残りの試合は一戦必勝で勝ち続けなければならない。
    《注目選手》
    4年WR#87 小坂 恒介(足立学園)・・・2年時から活躍する、長身と長いリーチを生かしたキャッチでモメンタムを引き寄せることの出来るプレーヤー。


    【日本体育大学】『総力戦』
    春のオープン戦では3点差で敗戦を喫している。リベンジを果たし、今節こそ勝利を掴み取りたい。
    《リーグ戦 後半への意気込み》
    シーズン前半は4戦全敗(不戦勝を含めると1勝4敗)と、悔しい結果となってしまった。残りは2試合とも勝利し、挽回してシーズンを終えたい。
    《注目選手》
    3年RB#25 神田航大(埼玉栄)・・・「猪突猛進」。そんな言葉がまさに似合うプレースタイルを持つ、ゴリゴリ系RB。相手をなぎ倒しながらヤードを獲得し、チームの勝利を呼び込む。
  • TOP8第5節明治大学-法政大学10月27日(日) AGFフィールド 11:00キックオフ
    【明治大学】『乾坤一擲(けんこんいってき)』
    自力優勝の望みは潰れたが、それでもシーズンは続く。第5節の対戦相手は法政大。ここにきて相見える強大な敵を、本来のプレーを発揮し打ち倒せるか。失う物のない以上、全てをかけて挑む。
    《リーグ戦 後半への意気込み》
    第3節、第4節の試合はオフェンスのミスで試合を落としてしまいました。残りの法政大、立教大、早稲田大戦は春から通してやってきたオフェンスを必ず実現して、チームを勝利に導きます。
    《注目選手》
    4年 SF#27 高橋康介(日大三)・・・怪我から復帰したディフェンスの守護神。素早いブレイクで広範囲をカバーし、相手のパスプレーをシャットアウト。存在感を発揮し、インターセプト量産を目指す。


    【法政大学】『Change』
    チーム一人一人が意識を変化させ、チーム力の向上・チームの変化に繋げる。前節からの法政大フットボールの変化に注目してほしい。
    《リーグ戦 後半への意気込み》
    リーグ戦も佳境を迎え、ここまでの戦いのようにはいかない。今節のゲームテーマの『変化』にもあるように一戦一戦を成長の場とし、変わって強くなっていく法政大フットボールを示す。
    《注目選手》
    4年OL#56 島田実紀(法政二)・・・誰もが認める法政OLの大黒柱。フットボールIQの高さと安定したプレーでOLユニットを引っ張る。
  • TOP8第5節早稲田大学-立教大学10月27日(日) AGFフィールド 14:00 キックオフ
    【早稲田大学】『早稲田のフットボール』
    シーズンもいよいよ後半戦。今回の相手である立教大には、春は一点差まで追い詰められた。攻守蹴の息を合わせ、ルーツ校同士のプライドを懸けてぶつかり合う。
    《リーグ戦 後半への意気込み》
    自力優勝が残っているのは法政大と早稲田のみ。リーグ戦残り3試合、リーグ優勝、甲子園ボウルを目指し、全力で早稲田のフットボールをしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!
    《注目選手》
    2年 DL#90 永山開一(足立学園)・・・早稲田屈指のスピードとテクニックで虎視眈々とキャリアを狙う。鍵となるライン戦では彼が流れを引き寄せるだろう。


    【立教大学】『いけてるか?』
    前節、「マジック」が炸裂し、幾度と無くエンドゾーンを死守してチームを勝利へ導いた立教大ディフェンスと、それに呼応するようにリターンTDやロングFGを決めたキッキングチーム。強力なオフェンスを擁する早稲田相手にはディフェンスだけでなくオフェンスの覚醒も必須。今節遂に新コーディネーター奥村率いるオフェンスが夜明けを迎える。
    《リーグ戦 後半への意気込み》
    ここまで3勝1敗。いよいよ昨年敗北を喫した3校との対戦を迎える。悲願の甲子園出場へ向け、練習中からタックルに「いけてるか?」、タッチダウンまで「いけてるか?」、「本当に2ヶ月後に甲子園にいけてるか?」を自問自答して更なる高みを目指す。
    《注目選手》
    4年 DB#1 中谷友哉(立教新座)・・・ディフェンスの最後尾に君臨する立教大の守護神。フットボールに懸けてきた男が、早稲田の強力パスオフェンスを封じ込める。