一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

新入生のみなさんへ

「大学でアメリカンフットボールをやりませんか?」
  • 所属選手の大半は、高校未経験者です
    アメリカンフットボールの経験がある高校生はほんの僅かです。毎年の新入部員の大半は、他のスポーツをしていたか、もしくは運動経験のない選手達です。各チームとも個々の能力やシーズンに応じた基礎トレーニングメニューを考えているので、体力差・技術差の心配は要りません。上達の早い選手では1年次より試合出場し、上級生になるにしたがって経験者・未経験者の差は全く無くなります。
  • ポジションごとの適性は様々です
    アメリカンフットボールは攻守それぞれ11名ずつの22ポジション(『キッキングチーム』いわゆるスペシャルチームを含めるとそれ以上)があり、分業制でゲームを進めます。ポジションごとの適性は様々で、体の大きくない人、足の速くない人でも適したポジションがあります。
     また、実際のゲームでは選手交代が何回でも自由に認められているため、さまざまな場面でいろいろな選手に出場機会が与えられます。多い時には1試合で50名近くのプレーヤーがフィールドに立つこともあります。
  • 選手以外でもチームの勝利に貢献できます
    『マネージャー』の仕事内容はチームによって様々です。さすがに大学スポーツですので、チーム内部的な仕事に加えて、対大学当局、対連盟(他大学)といった渉外的な仕事が多くあります。しかしほとんどのチームでそういったスタッフが不足しているのが実情のようです。
     ケガがつきもののスポーツですので、その予防と対策の鍵を握る『トレーナー』の役割も重要です。専門的な知識と技術が身につくので、なかには卒業後プロのトレーナーを目指す人もいます。
     また、選手の力量と同じかそれ以上に戦略・戦術が勝敗を大きく左右するスポーツだけに、コーチとともに相手チームの分析をし、ゲームプランを練る『学生スタッフ』を置くチームもあります。
    このような大勢のスタッフによってチームが支えられています。これもアメリカンフットボールの大きな特徴のひとつです。
  • 文武両道がモットーです
    当たり前のことですが、学生スポーツですので「文武両道」がモットーです。「アメリカンフットボールさえできればいい」というのは、私達が求める姿ではありません。  各チームとも試験、授業に充分配慮した練習スケジュールを組んでいます。  各企業からは、「チームワーク」や「分業制」といった私達のスポーツの特性を高く評価して頂き、卒業後、多くのOB、OGが各界で活躍しています。
  • お金のやりくりには各チームとも工夫を凝らしています
    とかく「お金のかかる」イメージを持たれることが多いアメリカンフットボールですが、防具類やユニフォームについては、各チームとも共同購入や卒業生からの引継ぎなどで負担軽減に努力しています(ちなみに、主たる防具のヘルメットは2万円、ショルダーパッドは3万円というのが平均的な価格のようです)。
     また、ほとんどのチームで、休日やオフシーズンのアルバイトを勧めています。
  • 安全対策活動は連盟の最重点活動のひとつです
    ケガは本人にとってもチームにとっても大きなダメージになります。連盟ではスポーツに精通しているドクターや、プロのトレーナーの力を借りて、安全対策活動に長年にわたって地道に取り組んできました。  ゲームドクター制や各種の講習会、また全チームに医務担当者の設置を義務づけるなど、他の連盟やスポーツ団体に対しても誇るべきものであると自負しています。
  • 既に始めている選手の皆さん、高校で終わりにするのはもったいないですよ
    高校での3年間をステップにして、もっと大きな舞台を目指しませんか?
    大学各チームは皆さんの経験と熱意を待っています。絶対、フットボール部のある大学へ進学、フットボール部に入部しましょう。
    関東学生連盟では、リーグ戦および関東大学選手権・あずまボウルの全試合を、関東高校アメリカンフットボール連盟所属選手についてフリーパスにしています(選手証の提示が必要です)。是非一度、試合会場に足を運んで下さい。
  • 「Junior World Cup」で世界への第一歩を!
    関東学生連盟の上部団体である日本アメリカンフットボール協会では、19才以下の国際大会「Junior World Cup」に加盟校の1年生も含めた代表チームを編成し、参戦しています。
    所属大学では1年生ではなかなか出番が回ってこないこともありますが、この大会を通じ本場のアメリカを含めた世界の強豪と戦うことによって、かけがえのない貴重な経験と自信を身につけることができるはずです。選抜される選手の多くは高校でのフットボール経験者ですが、過去の全ての大会で高校未経験ながらやる気があって選抜された選手も数名おり、皆その後に大きな成長を遂げ、チームの中心選手となって活躍しています。
  • シーズン後は他チームとの交流があります
    シーズン中は敵味方に分かれての熾烈な関係ですが、1部リーグのカレッジボウル、2部・3部リーグの東西対抗バーシティボウル(隔年で関東・関西開催)、医科歯科リーグオールスター戦、エリア&7人制リーグのオールスター戦「N‐WAR‐S」等を通じて交流を深め、卒業後も永く友情が続いています。
  • 『就活タッチダウン』で就職活動支援
    就職活動を開始する3年生の為に、合同の就職説明会や個別の企業の説明会、アスリート専門の就職専門の企業と提携してコンサルティング等を行っています。