一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

理事長挨拶

ご挨拶

一般社団法人
関東学生 アメリカンフットボール連盟

理 事 長  柿澤 優二
― 2018年度 リーグ戦開幕にあたり -

本年5月に起きました忌まわしい事件は、大学アメリカンフットボールの関係者のみならず、全国の フットボールファンの皆様や若いプレーヤーにも多大なご迷惑、ご心配をお掛けしました。この場をお借り して、改めて、衷心より深くお詫び申し上げます。
斯様な事件ではありましたが、早期解決の為、関東学生アメリカンフットボール連盟に対しまして、大変 温かいご支援、ご声援を賜りましたこと有難く深く感謝申し上げる次第です。

「Do Your Best, and it must be first class.(最善を尽くし、一流たれ)」という言葉を遺したポール・ラッシュ博士が関東学生連盟の初代理事長に就任する際に、当時の駐日米国大使であるジョセフ・グル―閣下は、「フットボール競技は意志強固にしてスピードと忍耐力を充分に備へる者にとってのみ許され、価値あるものであって、以上の素質薄弱なる者はこの競技に係ることが出来ないのである。(中略)此の競技は全く日本國民に好適なものであると考へる」と言われました。
我々が拠り所としているNCAAのルールブックにも「フットボール綱領」が掲げられ、ルール遵守の固い決意とスポーツマンシップの気高い精神を保つことが求められております。我々は、今、襟を正してこれらの言葉に耳を傾けねばなりません。

春とは比べようもないほど、身体的にも、精神的にも大きく成長した学生諸君らの闘志溢れる姿を目の当たりにされたファンの皆様は、少なからぬ「感動」を覚えて頂けるものと信じております。
皆様におかれましては、是非とも、試合会場に直接足をお運び頂き、関東学生アメリカンフットボールの醍醐味を存分に味わって頂きたいと念願するものであります。

最後になりましたが、本年度も開催にあたりご協賛各社様、関係各位より多大なるご協力を賜りましたこと、 重ねて、心よりの感謝を申し上げます。
 
2018年8月29日