一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGE FOOTBALL ASSOCIATION

インフォメーション

2019年12月25日第30回バーシティボウル フィールド・レポート  12月22日(日)アミノバイタルフィールド
フィールド・レポート 12月22日(日) 試合会場:アミノバイタルフィールド

【第1試合】
関東学生3部オールスター 2-15 関西学生Div.Ⅲ,Ⅳオールスター

 序盤どちらもディフェンスが奮闘する中、流れを変えたのは関西。WR陣のキャッチでダウン更新を重ね、TE#1山本(大産大)のTDパスで先制。対する関東は一時関西の守備に阻止されるが、関西のパントをLB#7種村(芝工大)がブロックするとエンドゾーン内でリカバーしたパンターをタックルしてセーフティーの2点獲得。さらに、関東のリターン後、RB#24宇田川(東経大)やRB#1田村(防衛大)のラッシュで大きく進んだ関東は、FGで追加点を試みるもキックは失敗。その後、関西に得点のチャンスを与えずに攻撃権を得た関東はQB#17木下(都市大)が独走。2度目のFGに挑戦するもキック失敗。2-7で前半を終える。
 3Qは両チーム守備陣が攻撃を阻止し得点なしに終わる。点を取りたい関東は関西のパントをブロックし、ゴールに近い状態で攻撃開始。しかし、関西の踏ん張りでTDには一歩及ばず。関西はWR#22植垣(京府大)のロングパスキャッチで敵陣へ入るも、関東LB#2岡野(大東大)がインターセプト。守備が作った流れで関東は、WR#11蔵元(流経大)が自陣から敵陣へ投げられたパスをキャッチ。しかし、関西もロスタックルで関東のTDを許さない。試合終盤、関西はWR#14荒川(和歌山)のキャッチでTD、点差を広げる。トライフォーポイントではTE#88小田(大経大)が、ゴール内でキャッチし2ポイントコンバージョンに成功。さらに、ロングパスを続ける関東に、関西はDB#12上村(追手門)がインターセプト。2-15で関西の勝利となった。


【第2試合】
関東学生2部オールスター 9-28 関西学生Div.Ⅱオールスター

 関西のキックにより試合開始。試合が動いたのは第1Q中盤、関西がトリックプレーで攻め、RB#20吉田(京産大)が見事先制TDパスをキャッチ。関東も負けじとDB#2足立(東洋大)がインターセプトし、攻撃権を得る。その後、関東はRB#25新妻(成城大)のランを軸にドライブするが、関西のDB#9大野(甲南大)にインターセプトリターンTDを取られてしまう。第2Qに入ると関東もDB#7上川(拓殖大)がインターセプトするが、直後の関東のオフェンスで、関西DB#9大野(甲南大)に再びインターセプトされ、そのままTD。関西はさらにWR#1近藤(京産大)が、ロングパスを見事にキャッチしTDし、さらに追加点をあげる。4TDをとった関西が28点のリードで前半を終了。
 後半に入ると関東DB#31堀(学芸大)がインターセプトする。チャンスを掴んだ関東は、最後はK#14狩野がFGを成功させ、3点を返す。その後、関東はRB#26中野(成蹊大)が31ydのTDをとり、会場を沸かせる。その後、関東は健闘するも得点を稼げず、9-28で関西の勝利となった。