一般社団法人 関東学生アメリカンフットボール連盟

一般社団法人

関東学生アメリカンフットボール連盟

KANTOH COLLEGIATE FOOTBALL ASSOCIATION

順位順列決定方法については、「2021年度競技運営細則」による。

第6章 順位順列決定の方法
(順位順列の決定)
第23条 公式戦における順位順列決定は、次による。ただし、2021年度に限り公式戦はリーグごとに試合開催方法が異なるため、次の順位順列の方法で決定する。
1 『総当たり制』での開催方法の場合、勝ち点制を採用し、次の通り【順位】を決定する。
 (1)勝ちを3点、引き分けを1点、負けを0点とし、勝ち点の多いチームを上位とする。
 (2)
新型コロナの影響で一方のチームが棄権した場合は、相手チームを不戦勝とし、勝ち点3を与える。対戦校両校ともに試合不可の場合は、ともに勝ち点0とする。
 (3)
新型コロナの影響ではない第5章第7条第1項に定めた試合棄権で、対戦校両校ともに棄権の場合の引き分けは、ともに勝ち点0とする。
 (4)
『総当たり制』で昇格が懸かる試合、1部TOP8のブロック優勝が懸かる試合と1位決定戦は、第4Qを終えて同点の場合は超過節を適用する。それ以外の場合は引き分けとする。

2 『総当たり制』での開催方法で、勝ち点が等しい場合は同順位とし、下記の順序で【順列】を決定する。
 (1)
勝ち数が多いチームを上位とする。
 (2)
当該校間に限っての勝ち点が多いチームを順列で上とする。
 (3)
新型コロナの影響とは関係のない不戦敗は、順列で下とする。
 (4)
第23条第2項(2)の方法を繰り返しても複数校が同順列の場合、当該校間に限っての得失点差の大きいチームを順列で上とする。
 (5)
得失点差が2チーム同じ場合、当該校間の対戦結果によって順列を決定する。
 (6)
上記によって順列が決定しない場合、当該校間の抽選によって順列を決定する。

3 1部リーグTOP8の最上位チームが全日本大学選手権・東日本代表校決定戦へ出場する。最上位チームが
新型コロナの影響等で出場できない場合に備え、2、3位チームを補欠校とする。

4 2021年度は東京ボウルを中止する。


5 『トーナメント制』での開催方法の場合は以下の通り。ただし、2021年度限りの措置とする。

 (1)試合に勝利したチームが勝ち上がる。第4Qを終えて同点の場合は、抽選とする。
 (2)試合を準備していた当該校は、新型コロナウイルス感染症の影響により対戦相手が試合を棄権した場合、不戦勝となり勝ち上がる。
 (3)新型コロナの影響により試合棄権を申し入れた当該校は、トーナメントを勝ち上がれないが、順位決定戦に出場することはできる。ただし、大学当局や保健所、医療機関の指示があれば、それに従うこととする。
 (4)順位決定戦で引き分けに終わった場合、両校同順位とし、次年度のブロック編成のために順列を付けることが必要であれば、抽選を行う。